忍者ブログ
いわい家具の日常をマイペースに更新。
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今月から借家リフォームの仕事。
夏終わり頃からちょくちょく打ち合わせをし、
プランも決まり、着工。

店舗や自社の改装は経験済みだが、リフォームは初。
つっても、ほぼ大工さんが作るんやから、現場監督みたいなもん。
つっても、大工さんが経験値上やから、教えてもらってる感じ。

どんな借家かっつ〜と、
築30年くらいの古い建物。
   

玄関すぐ横にトイレ
   

風呂も結構古い
   

風呂、トイレにモザイクタイル使われてるから、うまく活かせないか思案中。


キッチンもだいぶ古いし汚れがひどい。
   

部屋割りは、畳の部屋3つ。
1   2

3


お客様の要望は、若い人に貸したいから若者ウケするようにとのこと。
で、若い俺たち(平均年齢30後半)にご依頼がきたってわけだ。
設定は、若いカップル、新婚さん、子供一人の若夫婦、など。
大人二人子供一人でちょうどいいくらいの住まいにする予定。


作業最初は解体工事なんだが、大工さん躊躇しないから早え〜。
一日でほぼ終わった。
こんな感じになっており、

   

   


只今内装工事突入!

ってな感じです。
PR
あれからどうなったかというと店鋪自体はほぼ完成してます。

相変わらずの更新の遅さに、極々一部のIWAI-KAGUブログファンが離れていきそうで不安いっぱい。
と、思いつつもマイペースで行く所存。御理解を頂きたい。

では、入り口から
サッシを外し、木製の建具に作り替え


壁には棚を付け、色を塗る

ごちゃごちゃしてて何がなんだかわかりにくい写真。(作業中なもんで)
後半にきれいな写真をお見せします。

天井はこんな感じで板が張られてる。


キッチンの前にもチョイとした雑誌が置けるスペースを設け


内部との仕切り兼コップや皿を置く棚を設ける。


壁は漆喰風な感じで仕上げてる。

左官さんがやるときれいになるが、あえてど素人がやるとなかなか味があってよろしい。
問題点は個人個人で塗方がバラバラだから統一した感じではない。
そこを面白いと感じてもらえれば幸い。
もちろん施主確認済みです。あしからず。

トイレ。
ピンクのタンクがどうしようもなく、隠す


手洗いは施主の希望の形に仕上げてる。


室内の道具を方付けてシートを剥がし、床の塗装の準備にかかる。


三人で持ち場を分けての作業


当然最後は狭くなってくる。
じゃんけんで負けた者が仕上げ。


仕上がった様子はこんな感じ






カメラアングルにこだわってカッコよく撮ってみたら、見にくい・・・。
あとはちょっとした所の修正。
家具を早く入れたいね。
あと昼間にちゃんと写真撮ろう。
空豆の店鋪作りが終わってすぐ次の店鋪製作の依頼があり、
只今奮闘中であります。
どんな店かといと、出来てからのお楽しみで。
場所は八女の広川町。
今回も仕事のパートナー化してきた大工(友達)と
建材屋兼大工(友達)と家具屋(俺)で作ってます。

場所の雰囲気は申し分なくイイ感じ。

入り口までは藤棚の下を通って行きます。




駐車場から店鋪までも森林に囲まれた小道を歩いて行くので気持ちいい所。

店鋪内部
太陽の光りが良い具合に差し込む。


床は板に張り替える予定


壁はクロスを剥がし漆喰風に仕上げ、天井も板に張り替える予定


入り口もサッシから木の建具にする予定


トイレもどうにかする予定


キッチンもカウンター部分をなんかする予定


施主と全体的な話をして、あとはその場で話しをしながら作っていくような製作。
最初の話しと違ったりするが、イメージとリアルの違いで実際に出来上がっていく中、
見て、感じて、話して、変更していく方がお客さんの納得度は高い。

さてさて、どんな風になるか。
5/13(sun)にオープンしたカンブツ屋+cafe『空豆』。

ちょっと古っぽく作った出入り口。
茶室っぽく低めに作った。

この写真うまく撮れてない。反省。

中へはいるとこんな感じ。

いかん、暗く写ってる。へたくそやな〜・・・俺。

奥に、これまた古っぽく作ったカウンターがある。





施主は、とにかく古い物が好きなので、なるべく古く見えるように気を使う。

ここでは、乾物のほかにオリジナルで焼いてもらってるパンとかもある。


ブレーカーとかも見えるとかっこ悪いんで、古い板でてきとうに作り隠す。


カウンター側から見た店内


店内から見た出入り口


空豆はこれから乾物の種類が増えていくとのこと。
あと雑貨とかも少しずつ増やして販売もするらしい。
本でも持って、景色を見ながら、くつろぎに行かれてはどうでしょ?

住所
〒830-0045
久留米市小頭町3-13 サクラビル301
tel&fax 0942-38-7233
open 10:00〜18:00 (平日)
    9:00〜17:00 (土.日.祝)
店休日 水曜日・第2、4日曜日
いろいろ波乱もありながら、ちゃくちゃくと進んでいる店鋪作り。
どれぐらい進んでるかというと、すでに大詰め。

それでは、

最初に手を付けたのが壁作りと天井。

ビフォー




アフター
壁はクロスを貼ってあったのを全部剥がす。


壁の骨組みを作ってボードを貼る。


天井にもボードを貼り、事務所っぽい天井を隠す。


壁と天井を平面にするために、目地の部分とビス(ネジ)の打ち込み部分にパテを塗っておく。
これをやっとかないとみっともなかったりする。
店鋪作りがうまい人(プロとか)は逆にうまく見せる人もおるんやけどね。

パテが乾いたら削る作業。
これも大切な作業。
怠ると、ペンキ塗っても目立ってみっともない。
これが結構きつい。
壁は楽な方やけど、天井がしんどい。
マスクをしてやってたけど、目にまともにくる。
しょうがないので主にお使いを願い、
ゴーグルを100円ショップで買ってきてもらうことに。

で、俺のイメージでは

ゴーグル=作業用のメガネ(でっかいやつ)

しかし、主は

ゴーグル=水泳用メガネ

よってこうなる


で、俺もこうなる


面白いし、ないよりはましだと思って使ってみたら、結構いい。


夕方ごろ助っ人が登場。
友達大工さん2人。
さらに助っ人の家具職人友達1人
これによってスピードが大幅にアップ。
壁にペンキを塗る作業までいけた。






全部を塗り終えて、この日は終了。

次の日、助っ人の別の家具職人さんと主で仕上げ塗りをやってもらった。

ペンキ塗がほぼ終わって、次は床の作業。
マットを全部取り除き、


その下にあるプラスチックみたいなタイルを剥がす。


きれいに掃除をしたら、
こんな感じになる。


古い椅子とか置いてみたり。


完成間近。
つづく
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
issei
年齢:
42
HP:
性別:
男性
誕生日:
1975/04/20
職業:
家具屋
趣味:
お酒
自己紹介:
*無垢板で家具作りやってます*
*店舗とか作ってます*
*Liveやイベントなどやってます*
最新コメント
[02/13 issei]
[02/13 issei]
[02/11 ピロピロ]
[02/11 尾崎厚子]
[10/28 どうまる]
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
counter
Powered by ニンジャブログ  Designed by 穂高
Copyright © IWAI-KAGU BLOG All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]